エセが代わりにリサーチしておきました。(その04)

というわけで、休みを利用してビックカメラ有楽町店に行ってきたのでレヴューします。イーモバイルの「Dual Diamond(S22HT)」です。前回レヴューした「Touch Diamond」から進化してるわけではないし(機能的にはむしろ退化?)、タッチじゃないにもかかわらず強烈に惹かれます。 そんなDual Diamondのエロいところは以下です。 ■タッチじゃない「え?それってオススメじゃなくね?」というツッコミはききません。Touch Diamondはレヴューでも書きましたがタッチの操作感が微妙でした。やっぱりiPhoneには全然敵いません。「いっそのことタッチ機能を排除しちゃえばいいんじゃね?」ってことで決まったかどうかは分かりませんが、その潔さがエセ的には好きです。やるな、HTC。実際に触れてきましたが、携帯サイズの液晶でウェブブラウジングをするには変にタッチじゃない方が使い勝手が良いかもしれません。日本のケータイの使用感の延長で使えますし。 ■フルキーボード搭載なのにこのサイズスマートフォンって太めなコが多いじゃないですか?そんな中にでこのDual Diamondは横幅がしっかり絞られていて、手に馴染む感じです。事前に画像で見る限り、裏に潜むキーボードがあるぶん、分厚いかなーと思っていましたが、意識するほどではないです。むしろ握りやすいかも。そんでもって、画像か実物を見てみるとわかるんですが、通常のキーボード配列の上に左右に2ヶ所大きめのキーがついてます。これの存在が意外に大きいと感じました。確か左側で拡大縮小とかを操作して、右側は・・・なんだっけ?とにかくキーボードをスライドして使う時には便利です。 ■白いパールホワイトという色が今日発売開始でした。いわゆるスマートフォンって黒くてちょっといかついイメージを持ちがちですが、白いのがあると「おっ?」と思いますよね。例外的にウィルコムの03はすごくファンキーですが。 残念なところ。 ■QRコードが読めないTouch Diamondは読めるはずなんですが。なんで読めないんでしょ?残念です。 ■GPSがついてない海外版(本家)はついているみたいですが。なんでついてないんでしょ?もったいないです。 とはいうものの、上記の残念ポイントを補って余りあるエロいポイントがありますので、エセ的には買いだと思います。ニセコ行く話が流れてたら間違いなく買ってました。タイミング的に。 以下に関連記事を載せときます。GIMAZINEさんとこの記事 → イー・モバイルの隠し球、フルキーボード搭載の最小スマートフォン「Dual Diamond」速攻フォトレビュー CNET JAPANさんとこの記事 → イー・モバイル、フルキーボード搭載「Dual Diamond」のパールホワイトモデルを12月23日発売

Read more

エセが代わりにリサーチしておきました。(その03)

個人的に強烈に興味を惹かれたのでリサーチしておきました。第3弾はイーモバイルの「Touch Diamond」です。昨日、新しくできた渋谷のヤマダさんちで実機に触れてきました。 とりあえずポイントを列挙してみます。 ■この端末のエロいところ。イーモバイル唯一のケータイ型で7.2Mbpsの通信速度。ネットするだけなら問題なし。 ※他のケータイ型は3.6Mbps。無線でモデムとして使える。 ※これとPCを有線接続しなくてもおk。ちゃんとQRコードも読める。 ※これは単純にありがたいです。GPSもついてる。 ※GPSの恩恵にあずかったことのないエセは興味津々。イーモバイルだからもちろんHomeAccessも申し込める。 ※ADSLだからエリアを選ぶとはいえ、実質月額1500円は魅力。そして何と言ってもデザインがカッコよす。 ※エセ的にはiPhoneより好きです。ってかiPhoneはダサいと思います。サイズも手にすっぽり収まる感じがうれしい。 ■この端末の残念なところ。タッチ操作に慣れるのに時間がかかりそう。 ※しかも微妙に反応が悪かったりすることも。電子マネー非対応。 ※イーモバイルは全部非対応。今話題のnetbook等の抱き合わせ購入時に値引きがつかない。 ※データカードタイプ(ケータイ型以外)なら値引きがつく。スマートフォンを気取ってる。 ※どうしてもエクセルやワードを使いたかったらPC持ち運びますよ。それこそ今話題のnetbookとか。やっぱりケータイとPCは別物な気がします。外部メモリー非対応。 ※内蔵の4GBのみ。microSDとか使えればうれしいのに。YouTubeしか普通に見れない。 ※当然ニコ動にも対応すべきでしょうwMacをサポートしていない。 ※Macユーザーを見捨てないで! ■総括。電子マネー対応なら即買いでした。イーモバイルのポリシー的にしばらくそれがないことはわかっちゃいるけれども。それでもやっぱり2台目というよりも主力機として使いたいくらい充実しているケータイ端末ですね。ナンバーポータビリティで移行という選択肢もありなので、いつまでも2台目ではもったいないです。電子マネーなくてもいいし、文字通り快適なモバイルライフを満喫したいという人にとってはかなりオススメな端末ですね。エセは懐具合も寒いのでもうしばらく様子を見ようと思います。(で、結局買わない・買えないんだろうなぁ・・・) ※本記事の情報は2008年10月の情報です。

Read more

エセが代わりにリサーチしておきました。(その02)

知人で興味を示している人がいたのでエセが代わりにリサーチしておきましたの第2弾、「公衆無線LAN」です。 むかーしこれ関係のバイトをしていたこともあって、当時はやたら事情に詳しかったエセですが、最近の動向はまったくといっていいほど把握してませんでした。やはりそのサービス提供エリアの少なさと、使い勝手の悪さ、料金の高さが障害となり、無線LANへの興味を失っていたためと思われます。 いずれにせよ、色んなサービスプロバイダが出ていて「どれがいいのかわからん!」というのが正直なところ。というわけで、ちょっとまとめてみましょう。(※これは2008年8月時点の情報ですよー) 「NTT系」ホットスポット(NTTcom)主なスポット設置場所:タリーズとかモスバーガーとかプロントとか東京メトロとか都営地下鉄とかフレッツ・スポット(NTT東、西)上記に加え、ロッテリアとかMzone(docomo)同上 「ソフトバンク系」BBモバイルポイント主なスポット設置場所:マクドナルドとかルノアールとか 「独立系」FON主なスポット設置場所:住宅街livedoorwireless主なスポット設置場所:山手線内とその周辺FREESPOT主なスポット設置場所:いろいろ 「海外系」iPass主なスポット設置場所:海外 「ローミング系」ワイヤレスゲート主なスポット設置場所:フレッツスポット、BBモバイルポイント、livedoorwirelessのスポットなど。 ・・・とまぁ他にもあるかと思いますが、とりあえずこれだけ出してみました。それぞれのプロバイダは特徴があり、提供されるスポットや料金はそれぞれ異なります。んでもって、ここに「ローミング」という概念を掛け合わせると更にごちゃごちゃしてわからなくなります。ここで言うローミングってのは、本来は1つのプロバイダのスポットしか利用できないのに、そのプロバイダが他のプロバイダと提携しているので、他にもスポットが増えてラッキー!というサービスのことです。 お金かけたくなーい!というのであれば、「FON」+「FREESPOT」でしょうか。それだけだと使いたいスポットが無い場合が多いので、何か他の有償プロバイダをとりあえず1つ利用するとよいと思われます。ぜーんぶ対応してやんよ、という猛者であれば「ワイヤレスゲート」を追加しましょう。そんな人のための、現時点でのエセ的オススメはワイヤレスゲートの「ヨドバシカメラオリジナルプラン」ですね。月額が安く(380円!!)、しかもローミング先がたくさんあるからどこでも使えそうです。 んな感じで「代わりにリサーチ第2弾」はこれにて終了。(※これは2008年8月時点の情報ですよー)

Read more

エセが代わりにリサーチしておきました。(その01)

たぶんシリーズ化できると思うので、一発目から「その01」とタイトル。 そんな第一弾はdocomoのケータイです。ソニエリ(SO)と三菱電機(D)の撤退が記憶に新しいドコモのケータイですが、まさにその2社の最後の機種の在庫調査してきました。(というか見に行ったり、電話したりしただけですが) まずはソニエリのSO905iCS。サイバーショットケータイと銘打って売られてます。画素数も500万画素越えで、かなーりきれいに写りそうです。撮影前後の処理速度は気になるところですがそこは気にしちゃダメダメ。デザインはそこまでエセ的ハートを刺激しませんが、まぁそんなに悪くないでしょう。ソニエリ@docomo最後、500万画素超のカメラっちゅー2点で買う価値ありです。ちなみに今週は3色のラインナップのうちピンクだけ入荷されていたようで、どこのショップに在庫を聞いても「ピンクならあるんですが・・・。」との回答でした。ちなみに聞いたのは、宮益坂、川崎、上大岡、金沢文庫のドコモショップと、大崎のドコモスポットでした。ちなみに地元の丸亀店(讃岐です)では「ホワイトもあるよー。」とのこと。やはり地域差があるようです。前から感じていましたがこっち(関東)で調達できなくとも地方に行けば意外に残っているようです。なお、本日16時頃の渋谷のビックカメラ(東横線の方)ではピンクも売り切れでした。あ、そう言えばソニエリのくせに外部メモリがmicroSDなんですよね。メモステじゃないところが残念。 さてエセ的本命のD705iμですが、こちらは在庫豊富。料金体系が変わって90x系と70x系の価格差があまり気にならなくなった(70x系が割高に感じられるようになった)ためでしょうか?いずれにせよ3色(ブラック、シルバー、ブルー)ともに在庫は残っているようでした。価格comやその他ランキング系サイトでも人気がイマイチの機種だけに売れ行きが芳しくないようです。最後のDなのに・・・。Dはたまにこんなエッジのきいたデザインで出して来るので好きでした。初代MusicPorterとか。2代目はひどかったけど。というわけで来週か再来週にはケータイ変えに行く予定です。お金ないけど・・・まぁ気にしない。生活苦しいよりもD705iμを買い損ねる方がよっぽど辛いので早めに買っちゃいます。 んな感じで「代わりにリサーチ第一弾」はこれにて終了。

Read more