もう耐えられん!

昨日の夜のこと。 今度のよーろっぱつあーに向けてのスーツケースを探しに しぶしぶのロフトやハンズを巡った後、 「もう耐えられん!!」と叫び(心の中で)、 おもむろにケータイを取り出し電話した。 かけた先は行きつけの髪切り屋さん。    エセ:「今日か明日にカットをお願いしたいんですけど?」  お店の人:「今からでもいいですよ〜。」 閉店間際の客を快く受け入れてくれるその心意気に感謝。 そしてバッサリ切ってもらった。 「べっ、別に心境の変化とかじゃないんだからね!!」 となぜか一人で弁明?しつつ。 その結果。 もともと軽い頭が更に軽くなった。 いいのか悪いのか・・・。 こんなことなら、パスポートの写真を 今日撮ればよかったなー。(←今更!?) いくら学ラン(!)の写真がもう嫌とは言っても、 今回のモッサリ感のある頭もどうかと思うぞ。

Read more

mixiプロフ更新してみた。

ご存知の方もいるかと思いますが mixiのプロフィールをちょっくら変えてみました。 皆さんからの紹介文をパク・・・じゃなくて参考にしてみました。 自分が自分をどう思うかという視点と、 人が自分をどう思っているかという2つの視点を 織り交ぜてみたらこうなりました。     粋な紳士になることを夢見ている うどんの国からやってきたエセ紳士。 やっとエセ紳士という呼称が定着してきたものの、 今度はあまりに定着し過ぎて 真の紳士から遠ざかっている感は否めない。 ◆エセ紳士但し書き  1.PCやWEB系のネタを仕入れるのが好き。   ・・・でも仕事は営業、みたいな。  2.大学時代に本格的に始めたスキーにはまっている。   ・・・でも実は冷え性、みたいな。  3.頼られたがりでけっこう人におごったりする。   ・・・でもしょっちゅう金欠、みたいな。

Read more

エセ紳士@自宅。

恵比寿に戻って参りました。 なんか2個前のエントリで31日までとかって 書いてますが間違いです。本日30日に帰ってきてます。 で。明日から仕事開始します。 お土産も持っていきます。 って言っても極めてエセ好みなお菓子ですが・・・。     そして私信。 チャンさん、おかえり。 そしていってらっしゃいw  

Read more

帰省するぜこのやろう。

というわけでちょっくら帰省します。 31日まで。 またしても航空機による移動です。 でもいいの。好きだから。 たぶん、空港の展望ラウンジ?で 1日中いても飽きないと思う。 ま、1週間以上飽きないのは基地だろうけれど。 さて。 この帰省は恐らく2007年の最初で最後の帰省になる可能性が大。 機会と予算が折り合えば別だけれど。 せっかくだから、うどんDaysにしちゃおう。 1〜2年分は喰っちゃおう。 ———- エセ : 「おはよぅ。」 母: 「おはよう。朝ご飯、トーストでええやろ?」 エセ: 「あー。いや。○○○でうどん喰ってくるわー。」 母: 「こんな朝から店開いてないやろ・・・。」 ———- そんなうどんDays。

Read more

ユーロが高いんじゃなくて円が安いんだ。

世の中ユーロ高。 なんでだろ? エセはバカなのでよくわかりません。 ただ一つ言えることは、このままの為替相場だと 2月末のよーろっぱつあーに影響することは必至です。 頼むからユーロよ。2月は下げてくれ。頼む! ってか円よ。もっと頑張れ!! (エセ紳士が見限らないうちに!!!)  

Read more

光にしたい。

誰かさんが光回線を導入したって言うもんだから、 エセ紳士もADSL→光にしたくなるじゃありませんか。 ってことで、まずはADSLじゃ遅いのかどうかということで 回線速度チェックやってみたら、大体7〜9Mbpsくらい出てました。 うん、悪くない。 でも、この程度に月額6000円ちょっとを払っていることを 考えると、どうなんでしょうか? どうせ毎月この額支払ってるならいっそのこと 同程度の金額で「なんちゃってFTTH(※1)」ではなく 「本物のFTTH(※2)」が引けるのではないかと思ったので調べてみました。 すると・・・。 いいのがあるじゃないですか〜〜!! 月額5710円とか。 もちろん本物の光だから想定速度60〜70Mbps以上。 何に使うかということはひとまず置いておいて、 明らかにコストパフォーマンスはこっちの方がいいでしょ。 ってことで申し込んでみました。 光を引くときって、オーナーの許可が必要な場合がほとんどです。 エアコンダクトに引き込むから穴開けません!という場合でも やっぱり嫌うオーナーさんはいるからとのこと。

Read more

納豆買おうかな?

巷では納豆の急激なブームとその凋落が起きている。 最近買ってなかったから全然関係なかったんだけれども、 一気に下火になるっぽいので それに乗じて買い込んじゃおうかと計画中。 とは言うものの、たとえ在庫がわんさか余ったとしても ウチの近所じゃ値段の変動はあまりない気もするけれど、まぁいいかw とりあえず納豆喰いたいってことです。  

Read more

あー、すいませんすいません。

エセ紳士に連絡くれてる方々へ。 返事できてなくてすいません。 よくわからないけれど忙しくて メールとか電話とか返せてません。 しかるべきところに連絡できてません。 ごめんなさい。 この場を借りて謝ります。 そしてASAPで返事するので 勘弁してください。 特にウチの相方。ごめん。 特に大学のお友達(この前久々に会ったアナタ!) 特に八景の飲み友達(この前品川に行ったアナタ!) そして母上。すいません。 そしてゼミの先生。 水曜からの下関出張が急遽決まったんで そちらも含めてゴタゴタしております。 ちなみに明日は5時起き。 というわけで、いましばらく!いましばらく!!  

Read more

卒論出せました。

ご報告。 卒論出せました。 それもこれも、時に暖かく見守ってくださり、 時に厳しいツッコミをしてくださった、 皆さんのおかげです。 クオリティに関しては全くよろしくないですけれども、 とにかく提出できました。 もう授業もないので、卒業できるか否かは 神のみぞ知る、って状態です。 ありがとう。  

Read more

mixiの紹介文誇張されすぎ。

最近マイミクがまた増え始めて、こんなエセ紳士にも 紹介文を書いてくれる人がたくさんいます。 ありがとうございます。 それ自体はめっちゃうれしいんです。 読むたびに一人でニヤニヤwしてしまいます・・・が。 実物は、皆さんの紹介文の 「 3 割 引 」 ですよ〜! エセはそんないい人間ではないと思います。 そんないいことばかり書かれるとすぐ調子に乗っちゃうので、 もし書いてくださるのなら、 もっと落としてください、陥れてくださいw

Read more

手帳がほしいぜこのやろう。

周りの皆が2007年の手帳を買い始めました。 チャンしかり、くねくねしかり、 カエさん(最近名前変えたから呼び慣れない・・・)しかり。 おっとっと。置いていかないでくれよ、エセ紳士を。 というわけでそろそろ調達しに行こうと思います。 でも今年は手帳選びが例年以上に難しいです。 本格的に働き始めるから。 アポの詳細とかメモとか軽い日記風味なこととか 色々書き込んでおきたいけど、 厚くはしたくないし、サイズも大きくしたくない。 しかもダサいのは絶対にダメです。 そんなワガママにつき合ってくれる手帳なんてあるでしょうか? なければ最悪、自分で作ります。 その場合は雀の涙ほどのエセ的ノウハウを 惜しみなく注ぎ込む・・・予定です。 って実は今思ったけど、手帳自作ってなかなか面白そうですな。 本気でやろうかなぁ。 ところで皆さんはどんな手帳にしますか? そもそも手帳なんて持ちませんか?どうですか?  

Read more

洗濯物がたまってるぜこのやろう。

洗濯物がたまってます。 年末年始は引きこもっていたためですね。 12月30日の午前中にスーパーに買い出しに行って以来、 1月2日の昼過ぎの切手購入@コンビニまでの約70時間、 玄関から足を出したことがなかったです。 その間、ほとんど携帯も放置、ひたすら本読んで、サイト見て・・・ という生活でした。 でも論文はほとんど手をつけていないという。 まさかこれで卒業する気でしょうか? いっそのこと、人生やり直した方がいいのかもしれません。 でもそれももったいないし、なにより関係者に申し訳ないので 頑張って卒論書いて、卒業して、仕事して、人類に貢献したいと思います。 まずは目の前の洗濯物の処置から始めようと思います。  

Read more

寒いぜこのやろう。

気温が下がってますね。 さすがに菅平ほどではないですが、寒いものは寒い。 そんなわけで冷え性のエセ紳士は引きこもりがちです。 と言っても、部屋の室温も決して高いわけではないですが。 留学中のflatのcentral heatingが懐かしいです。 そう言えば、欧米ではセントラルヒーティングの 設備が整っているのが一般的です。 NYTの記事(The Land of Rising Conservation)を見ていて 改めてそのことに気づかされました。 この記事の書きぶりを見ると、セントラルヒーティングじゃないことが 有り得ないというような印象を受けます。 欧米流のセントラルヒーティングと日本の局所的暖房システム。 どちらが効率的(地球に優しい)のでしょうかね。 ちなみにこのNYTの記事では日本のような必要なところのみの暖房が良い、 というような感じですが。

Read more

クレイジーさが足りない。

are you crazy!? と、言われてみたいと思ったことはありませんか?ありませんね。すいません。 エセ紳士はあります。というかしょっちゅうです。でも所詮、非凡に憧れる凡人に過ぎません。 そんなエセ紳士の友人には、クレイジーな人たちが何人もいます。そのうち2人は何の因果か、同じ会社に就職しやがりました。その会社は日本でも有数のクレイジーな営業をさせる会社です。そんな環境で今年度の成績トップクラスをマークしているというクレイジーな2人が、エセ紳士の友人にいることは非常に喜ばしいことであります。 少しでも彼らに近づきたいし、頑張れば超えられるという思いと、やっぱ無理だわ、という諦観が併存するこの複雑な心中を察してください。・・・と思ったけれどやっぱりいいですw とにかく。周囲に気を配るとか何とかいいつつも、結局今の自分に必要なことはいい意味でバカになってみることじゃね?と思った2007年の3日目でした。  

Read more